スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●Frontierのチート論(対外的な意味で)

俺は過去に運営に対して、「Frontierは相手に例えチート使用者がいてもそれを強敵の1人として扱う」と発言した事がある。

クランマスターだけではなく、一般クランメンバーもクランに所属する上で、仲間がチートを使用していたというリスクは付いて回る。上手い人を取りたいというクランの体質もあり、隣りで操作を見ていない限り、80%の疑いをかけられたとしても、100%の確証を得る事は決して出来ない。

護衛に置いて、『相手の居場所が解る』という武器はとても大きい力になる。
・索敵ボム
・ボムを投げた時の相手の声、飛んできた方向
・足音・ジャンプ音・銃声(音の種類により誰か判別可能)
・被弾時、被UAV時のマーク
・仲間が死んだ時の×印
・定番キャンプ地点
・とあるタイミングで交戦するはずの敵が来ない場合の抜け道
・プレイヤーの性格(例、Fro.Knifeなら単独行動、爆破専門の人は複数行動)
・味方配置ポイントで交戦があるか無いかでの、人数のばらけ方
・戦車が動いてるか否か

8:8での護衛に置いてこれだけの判断材料があれば、6人くらいの位置は常に解るものだ。
ましてや5:5になれば特に解りやすい。

WHの疑いの定番として「壁見すぎ」っていうものがあるが、音の方向から垂直に聞こうとすると壁を見てしまう。
壁抜きに関しても、その壁が抜けると知っているのなら、索敵の為に撃つことだってあるだろう。

「ゲーム内における全ての情報を立ち回りに活かすのを目標にする」という事は、敵の位置が知りやすいAVAに置いては「まるでWHで見てるか様に立ち回る事が出来る事を目標にする」という事に近いので、超越した人間はやはりチートの様に感じてしまうと思う。

そういう理由から(チートを容認している訳ではないが、)全ての相手はチートを使用していないというのがFrontierの立ち位置です。

「ある人間がチート使用をしていないのに疑惑を作る」という事は、現実社会で言えば名誉毀損である。
例え胡散臭いと感じても言葉にして発せられるなんて事は出来ない。

切磋琢磨して強くなる事を目指すなら、それが確信であっても見てみぬフリをするべきだと思っている。

●AVASS護衛

NRF側。

終始安定した動きが出来て、良い形で守り切ったイメージがある。
個人のデス数を見れば解るとおり、俺個人のSR対策がしっかり出来てなかった。
煙に頼りきってる部分があるので、もう少し安定した位置を取った方が良い。
爆破専門のSRの人はやっぱり怖い。

今回のベスト判断。
自分のHPが減ってるので周りを見回してみたら、みんな10%程。
1人に死にに行ってもらって、時間差で俺もUAVと同時に死にに行く。
死ぬ場所が敵リスに近ければ近いほど、リスポーン時のロスが生まれないので、そういう意味では安定できた一つの材料だったに違いない。

EU側。
いつも通りの形でサクッと第一を突破出来た。
ShAkkA(SR)とRafi(PM)とStyLe(ボム)のRPG潰しのお陰で攻めは安定かな。
TigeR(AR)・JAM(AR)の中盤も安定。
今回は出れなかったけど、VerXとPavelの中盤も安定。
ゲスト戦じゃ出来ない、ケースバイケースの守りの強化をもうちょっと詰めたい。
クラン戦で経験していくしか無いよね。

元は8:8戦専門の護衛クラン。
少人数というプレッシャーはあるけど、案外慣れてきた感があるかな。

その代わり8:8の立ち回りを忘れつつありますが。

●九頭文治氏について。

 マスターとして一個人をあげることには若干の抵抗があるが、尊敬の念を込めて書く。


 昨日、九頭文治さんが立ててた、過激なルーム名の部屋にクラメンで入ってみた。

 基本(ぬるい相手ゲスト戦)レイプ嫌いのメンバーが揃ってるFrontierなので全員燃える。
AB有の部屋を高階級が埋めていると、クラメンがどっちに偏るか解らなくなって面白い。
明らかに使えなさそうな人間を蹴ってくれるし

 第1レイプになったり、貫通を阻止してもそこまでたどり着けなかったり負けたり、それはまるで風呂護衛。
文治氏の立ち回りを見ると、自分が未熟な点がしっかり見えてとても勉強になる。
 Frontierも護衛クランとして大所帯になってきたけど、彼に勝てる人は未だいない。(撃ち合いだけならPavelが頑張れるかな。)
今後の風呂のの1つ活動は、彼の部屋に乗り込んで立ち回りを盗む事になりそうです。


 彼は良く暴言を吐きがちと言われるが、他の暴言で有名な人のそれと少し違う点がある。
 他の暴言厨の人は「相手を怒らせる・おちょくる」という点にであるが、彼の場合「もう少し勉強するか、頭を使って立ち回れ」というのが根底にある。常に護衛に本気なのだ。だから現に、敵に対して毒を吐く事はない。

 Frontierとしての「マスターの方針」で野良にそういう言葉を言う行為を禁止しているが、護衛に真剣に取り組む人間に取って、いわゆる勉強不足の野良の人には「もう少し勉強してくれ」って思っているのは間違いない。
 そういった意味で代弁者・コーチとして認識している人間もFrontierにいる。

『なんだかんだ文治やべーー!』が本心w

●Pioneer (Frontier Bチームについて)

Pioneerは誰なのか!

ってうわさもちらほら。

中身は

Fro.TAIちゃん
Fro.PAPA
Fro.Crab
Fro.Johnny
Fro.ComPdx
nezu
オロカモノポテチ


『今夜も生討論』は実は○○だったという…
次回は彼らの紹介をします!

●釈迦の一言

shakka02

みました奥さん。

爆破の神様から、AVAの神様になったみたいですわよ。
前のページ
次のページ
プロフィール

Fro.JAM

Author:Fro.JAM


[HN] JAM

=AVA=
CODE:Fro.JAM
CLAN:Frontier
 ↓
CODE:Athena.jG
CLAN:Athena

=SpecialForce=
CODE:【世良】JAM
CLAN:★The 世良 Style★

=CSS=
JAM

::書き物::
攻めRPGがイケナイ訳。
StormBritz[EU]第一

::中の人紹介::
28歳。
A型。
大絶賛彼女募集中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (12)
日常 (2)
野良 (0)
AVA (15)
クラン戦 (1)
護衛の考え方 (2)
戯れ (3)
AVASS (2)
Frontier方針 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。